紀文と言えば練り物製品というイメージが強い


私が実家にいた頃に毎年購入していたのは紀文のおせちでした。紀文と言えば練り物製品というイメージが強いので、練り物が好きな母親のチョイスで毎年購入していたものだと思います。

正直に言ってしまうと、子供の頃はおせち料理がほとんど食べられなかったのでその当時私が感じていたのは「お正月料理は豪華そうだけど美味しそうじゃない」そんな風に思っていました。ですが不思議なものでひとつ歳を重ねる度に、おせち料理が食べれるようになっていったのです。

栗きんとんや田作り、そして数の子といった大人が食べるイメージがあるものも気付いた時には大好きになっていました。そして紀文のおせちで忘れてはいけないのが、かまぼこになります。母親はおせちに入っているのでは足りないと言っていて、毎年かまぼこを別で買い足していたほどに、我が家は正月のかまぼこ消費量が多かったのです。

これが私が実家にいた頃のおせち事情になります。一人暮らしを始めてからは、おせちを買うということをほとんどしなくなっている私ですが、将来的に家庭を持つようになった時には、紀文のおせちと追加でかまぼこを購入して、家族団らんのお正月を迎えられたらいいなと思っています。